胃がんの初期症状はあるのか?

胃がんは、初期症状が現れにくいガンの1つと言われています。

胃がんは発生した直後には成長がゆっくりで、また特に胃がん特有の初期の自覚症状というものもないので、自分ですぐに胃がんを疑うことは稀なことなのです。

癌が胃の入口(噴門付近)や出口(幽門付近)に生じた場合や、癌に潰瘍が伴っている場合は、比較的早い時期に初期症状が現れるようです。

しかし、胃がんの初期症状の1つである胃の不快感や消化不良などは、胃炎や胃潰瘍、一時的な体調不良などで現れる症状とあまり変わらないため、見過ごされてしまうようです。

そして、本人が明らかに異常と感じる症状が現れた時には、胃がんはすでに初期がん(早期胃がん)の段階を通り過ぎて、進行がんの段階に入っていることも少なくありません。

胃がんの初期段階では、次のような症状が現れると言われています。

・胃に不快感や膨満感がある
・胃(上腹部)に痛みがある
・胃のもたれや胸焼けを感じる
・めまい、吐き気や嘔吐がある
・げっぷがよく出る
・患部の出血によって嘔吐や下痢(便が黒くなる)が起こる

これらの症状は、はじめのうちは主に食後や空腹時に一時的に自覚するだけですが、時とともに継続的に見られるようになります。

そして胃がんが進行するとこれらの症状が次第に激しくなり、さらに次のような症状が加わってきます。

・食欲不振が続き、体重が減少する
・食べ物が胃のあたりにつかえる感じがする
・貧血が続く
・胃にしこりができて、外から触れることができる
・みぞおちの辺りが断続的に痛む
・全身的な倦怠感・脱力感(だるさ)を常に感じる

そして末期に近づくと、次のような症状に変わってきます。

・胃の痛みが持続する
・腹水や胸水がたまる
・低たんぱく血症(血液中のたんぱく質の不足)にともなう浮腫や呼吸困難が起こる
・全身の栄養状態が著しく悪化する

これらはいずれも非常に重い状態であるため、この段階になれば、病院で進行胃がんの診断が下されるはずです。

初期およびやや進行した胃がんの初期症状が、他に思い当たる原因や理由もなく2週間以上続くようなら、まずは胃がんと疑って医師の診察を受けることを大切です。

スポンサードリンク

まだ、手術、抗がん剤、放射線に頼るのですか?

【末期ガンでも大丈夫!】
元ハーバード大学准教授が考案した食事法(断糖食)!
三大療法は寿命を縮めます。玄米菜食でも治りません。ガンは兵糧攻めにして殺すことができるんです!

公式サイトはこちら

▼TOPページのタイトル

【概要】
胃がんを早期発見できた方から余命宣告を受けた方まで・・・当サイトでは胃癌に関する基礎知識から、痛み、転移(リンパ節、肝臓、骨、脳)、再発、放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法から最新治療法まで、胃がん克服の方法をわかりやすく解説します。

【NewTopics】

Copyright (C) 2014 【胃がん】意外と知らない!? 胃がんの基礎知識. All Rights Reserved. [ admin ]